元楽天ショップ運営者が語る本当のところ

私は楽天市場でショップを運営していました。その経験を元に、楽天アフィリエイトの破棄について私なりの意見を語らせて頂きます。

成果をショップが破棄している?

楽天アフィリエイトでは、おおよそ1割~2割程度は破棄になるのが一般的です。破棄率だけを考えれば多いと感じる方もいるようです。中には成果をショップが破棄していると考える人もいるようです。私は決して多い数字だとは思いません。その理由についてご説明します。

▼アフィリエイトの成果と個人を確実に特定することはできない
アフィリエイトからの誘導による購入なのかを確実に特定する方法はありません。アフィリエイトの成果で表示された価格と、販売された価格から特定する方法のみです。同じ価格の購入者が複数いた場合にはこの方法も使えません。

▼あまりにも大きすぎるリスク
楽天アフィリエイトの成果を破棄するためには、必ず注文をキャンセル処理をする必要があります。一度キャンセル後に、※クッキー(楽天アフィリエイトの成果を識別するデータ)を保持しない状態で再度注文すればアフィリエイト報酬は発生しません。しかし、一度注文をキャンセルしたお客様が再度注文をしてくれるというリスクを考えると方法としては成り立ちません。当然ですが、高価な商品ほど再注文へのリスクは高くなります。

▼時間の浪費による人件費
出店費用や広告費など、アフィリエイト報酬以上の支払いが必要になります。実はアフィリエイトで支払う報酬は、ショップにとっては微々たる金額なのです。その価格を操作するためだけに時間を浪費する事で必要になる人件費を考えれば費用対効果は望めません。

ではなぜ、破棄が起こるのか?

▼商品キャンセル・返品
購入者からのキャンセルや返品などにより売り上げ成果は破棄されます。キャンセルの有効期限は、購入した次の月の月末までとなっているようです。

よくあるキャンセルの理由

  • 銀行振込の未入金
  • 代引き受け取り拒否
  • クレジットカードのエラー※支払い方法変更のため再注文
  • 送料が不満でキャンセルになる

実は多い理由が、店舗側の欠品

実店舗との在庫の管理が良くない場合。

中小規模のショップでは実店舗と在庫を共有していることもあります。実店舗で売り切れてしまった商品が、ネットショップにそのまま掲載されていることも良くある事例です。

在庫を持たないショップが増えている。

楽天市場のような低価格競争を行うために、多くのショップが取寄販売を行なっています。在庫を持たないことでリスクを減らし、販売価格も下げることができます。しかし、受注してからの発注になるので、メーカーや問屋などで欠品している事も良くあることです。

破棄率の高いショップは存在します

こんなショップは避けるべき。

故意に行なっているわけでは無いにせよ、破棄されやすいショップは存在します。あなたのアフィリエイトジャンルが高価な商品であれば、破棄の多いショップは外して考えるのがベストです。細かい報酬などは、チェックするのは難しいかもしれませんが、高配当や高価な報酬については確認をして方向性を決めてみましょう。