リスティング広告とは

Yahoo!やGoogleなどの検索結果に表示される広告のことを言いいます。クリックが発生した場合にのみ料金が発生することから、PPC広告(Pay Per Click)とも呼ばれています。

PPC広告は検索連動型

予め設定されたキーワードで検索された場合にのみ広告を表示する形式を「検索連動型」と呼びます。キーワードによって価格が異なります。人気のあるキーワードほど単価が高く、あまり検索の少ないキーワードは逆に安くなります。

PPC広告の種類

PPC広告で有名なのは「Yahoo!プロモーション広告 スポンサードサーチ」「Googleアドワーズ キーワードマッチ」の2つが有名です。同じ検索システムを利用しているためか、キーワードごとの単価も同じような価格帯になります。※もちろんキーワードによっては大きく異なる場合もあります。

必ず規約に目を通しておこう

楽天市場ではPPC広告は禁止されていませんが、広告に関する禁止事項は定めれれています。 >>楽天市場 アフィリエイトのルール ※リスティング広告についてを参照

▼こんな行為は禁止です
  • 楽天リンクを直接広告に使っては駄目
  • 広告に「楽天・らくてん」など、入れては駄目
  • 誤解する表現は駄目
楽天アフィリエイトはPPC広告で稼げるのか?
広告を購入するリスクはあります

広告を使って集客をするため、出費というリスクが発生します。結果的に費用より収益が上回れば利益が出たことになりますが、必ずしも利益が出るとは限りません。アフィリエイトはリスクの少ないビジネスでしたが、リスティングを利用することによりリスクが発生することをお忘れなく。

楽天アフィリエイトのPPC広告での問題点

皆さんご存知の通り、楽天アフィリエイトの報酬率は決して高いとはいえません。この報酬額に合わせて広告を利用するのは、とても難しいことです。

楽天アフィリエイトの料率に合わせて、PPCアフィリエイトを実践するには、入札価格(広告単価)を抑える必要があります。この方法で十分な集客ができれば成果を上げられるのですが、単価が低いほどページヘの露出も少なくなりクリック数自体が伸びません。

PPC広告はいくら必要なの?

上限は自分で指定できるので、それ以上の費用が発生することはありません。Googleでは見積もりツールの提供をしているので、PPCアフィリエイトを考えている方は検討材料として活用してみましょう。 >>Googleアドワーズ見積もりツール ※要ログイン

PPCアフィリエイトに挑戦するなら

PPCアフィリエイトに挑戦するなら「Yahoo!プロモーション広告」からはじめてみましょう。楽天アフィリエイトだけにこだわらず、低リスクで高報酬な商材を見つければPPCアフィリエイトを利用したアフィリエイト戦略は成立します。